HOME>オススメ情報>仕組みやサービス内容とそこにかかる費用を知っておく

基本的に体の痛みを取る

鍼

鍼灸師と言えば、国家資格を所有していなければなることができません。普通のマッサージ師とは少し訳が違います。そのため、あまり多く鍼灸師の資格を持っている人はいませんが、昔に比べて増えている傾向があります。サービス内容としては、基本的に体の痛みを取るのが仕事と言って良いでしょう。針を使って身体の痛みを取るだけでなく、筋肉の動きなどを解してくれます。結果的に、今まで動きにくかった身体を動かすことができるようになるわけです。鍼灸師といっても、自分で独立している人もいれば人に雇われている人がいます。最終的に独立を目指す人は多いですが、すべての人が独立できるとは限りません。独立するためには、その費用などを知っておくことが必要です。

どれぐらいの費用がかかるのか

鍼治療

もし鍼灸師として独立する場合には、一体どれぐらいの費用がかかるのでしょうか。基本的に、治療をする場所はテナントを借りることがほとんどになります。そのため、テナントを利用して治療をしていくことになります。テナントといっても、それほど広いスペースは必要ありません。人によってはワンルームマンションなどを借りているだけのこともあるため、毎月の賃料は50,000円程度のこともあります。

初期費用をなるべく安くする

施術室

鍼灸師としてオープンする場合には、初期費用を可能な限り安くしたいところです。機械などを導入する場合には、中古のものでも良いのでとりあえず導入してみましょう。ある程度独立してうまくいった場合には、そのお金でまた新しいものを購入すれば良いからです。ベッド等の購入費用を考えると、初期費用だけで5,000,000円以上は必要になるところです。それだけのお金を貯めることができていない場合は、金融公庫などから借りる方法もあるでしょう。

広告募集中